スマートナチュラル・ドットライフ 《SmartNatural.Life》

丁寧でからだにやさしいこと(Natural)と効率的で便利なこと(Smart)を両立させたい自然派ライフハッカーのブログ。二人娘を放牧育児中 & ただいま第三子妊娠中。

「元気な子を産む」という奇跡。《疑惑の48時間》の備忘録

f:id:ryokoueda:20180826105601j:plain


早いもので、第3子妊娠9ヶ月になりました。

私は自宅近くの助産院での出産を予定していて、最近は2週に1度検診に通っています。以前にも書いた通り、助産院には医師がいません。そのため、提携先の医療機関にも数回検診に行き、いざという時にはそちらで受け入れてもらうための準備を整えておかなければなりません。
 


先週水曜は、その提携先の専門病院での検診の日。これまでの経過も至って順調だったので、さらりと検診を終えて帰るつもり、だったのですが……そこで思わぬ事態に直面することになりました。

今日はその《疑惑の48時間》に何が起こり、何を感じたのかを、自分のための備忘録として書き残しておきたいと思います。

続きを読む

病欠知らずな我が家の放牧育児、ただいま検証実験中♪ 《食事・善玉菌編》

f:id:ryokoueda:20181113130204j:plain


ちょっと間が空いてしまいましたが、病欠知らずな放牧育児のための食事、食物繊維編に続き善玉菌編をお送りします。なぜ私が食物繊維と善玉菌を重視してるのか?についての詳細は、前回の記事をご覧ください^^

 
ご飯と味噌汁だけで、最低限の繊維補給を♪食事以外の生活習慣はこんな感じです~

 

「腸内環境と整え、免疫力をあげる食事」として摂ることを意識しているのは、ざっくり言うと

・善玉菌のエサになる《食物繊維》と《死んだ善玉菌》
・善玉菌の直接要員となる《生きた善玉菌》


この2点。食物繊維は野菜や穀物から摂るとして、善玉菌の補給源としておすすめなのはやっぱり「発酵食品」!!

3.11以降、デトックスには発酵食品だ!という声が各方面からあがったことで発酵ブームが起こりました。ご家庭で味噌作りをする人も随分増えましたし、万能調味料として塩麹も流行りましたね。

ブーム以前から発酵に興味があった私も、味噌に始まり、塩麹・醤油麹・玄米豆乳ヨーグルト・甘酒・納豆など、家で様々な発酵食品づくりを楽しむようになりました。

f:id:ryokoueda:20181130181832j:plain


個々の発酵食品の詳しい作り方はまた別の機会に書くとして、今回はそれらをどう日常の食生活に組み込んでいるか?をメインに書いてみたいと思います。

続きを読む

時短にも!ブロッコリーやカリフラワーの、美味しい茹で方♪

f:id:ryokoueda:20181127112530j:plain


年中店頭に並んでいるものの、これから春にかけて旬を迎えるブロッコリー。栄養価も高く、見た目も良く、食べごたえもあり、我が家でも大人気な野菜のひとつです。茹でてオイルと塩をつけるだけで立派な「一品扱い」できるので、とっても重宝しています。

チアシードポン酢ジェルとの相性もばっちり♡

私は「蕾以上に栄養豊富」と言われる茎の部分も一緒に、まる一株を一度に茹でるのですが(下手するとそれが女三人の胃袋に、一食で収まります・笑)、その方法にちょっとこだわりがあるのです♡

続きを読む

お菜要らず!ボリュームも旨みもたっぷりな《魚の炊き込みご飯》♡

f:id:ryokoueda:20181121160454j:plain



今【病欠知らずな我が家の放牧育児、ただいま検証実験中♪】というタイトルで、娘たちが元気いっぱいな理由を考察した記事を書いています。


《生活習慣編》はこちら
《食事・食物繊維編》はこちら


この連載のまだ途中ではありますが、《食事・食物繊維編》で書いたことにも繋がる、主食(ご飯と味噌汁)に力を入れておかずで手を抜こう!という主旨にぴったりのメニューを今日作ったので、簡単にご紹介。

それが「魚の炊き込みご飯」です^^

続きを読む

病欠知らずな我が家の放牧育児、ただいま検証実験中♪ 《食事・食物繊維編》

f:id:ryokoueda:20181113130204j:plain

 

5歳ともうすぐ3歳の姉妹をフルタイムで保育園に預けつつも、毎日元気いっぱいで、保育園から電話で呼び出されることがない我が家。

その元気の秘訣について、あれこれ考察しているこのシリーズ、ひとつ前の《生活習慣編》に引き続き、今回は《食事編》です。
 

続きを読む

病欠知らずな我が家の放牧育児、ただいま検証実験中♪ 《生活習慣編》

f:id:ryokoueda:20181113130204j:plain


街を歩くと赤や黄色の樹々の葉が目に留まり、秋の深まりを感じる今日この頃。平均気温もぐっと下がって、お肌が乾燥し始めると、体調管理にも気をつけなきゃな……と気が引き締まりますね。

といっても、実は私と娘たちは、冬だからと言って体調を崩すことはほとんどありません(笑)。インフルエンザの予防接種も受けたことがありませんが、誰もかからずに済んでいます(出張族の夫だけは昨冬久々にやられてましたが……)。



よく「お子さんがまだ小さいのにお仕事されてると、子どもの熱とかで大変でしょう?」と気にかけていただくのですが《体調不良での呼び出しが、ない》ので、「うちの子たち元気なんで、特に困ってないんですよ~^^」としか答えられない、なんとも呑気なワーママの私……(笑)。


5歳の長女が最後に体調を崩したのは、1歳数ヶ月のときの水疱瘡 + お腹の風邪の連続パンチ(この時は横浜から大阪に引っ越してきた直後だったので、環境適応の影響だったかも?)。でもそれ以来丸4年近く、一日も発熱・病欠なし!

今月3歳になる次女も、生後7ヶ月からフルタイム保育ですが、これまで病欠は1日のみ。ちょっとした発熱は4,5回あったものの、運良く週末だったり、朝には熱が下がったりして小児科のお世話にならずに済んでいます。



娘たちがいつも元気いっぱいな理由は、色んな要因が絡んでのこと。ひと言で「これを食べたらいい!」「これをしたらいい!」と言えるものではありませんが、あえて挙げるとしたらこれかな……?という心当たりを、いくつか書き出してみたいと思います。

続きを読む

読んで味わう、作りたくなる《食と料理の物語・漫画編》

f:id:ryokoueda:20181107154251j:plain


少し前に書いた記事《食と料理の物語・小説編》に引き続き、今回は《食と料理の物語・漫画編》です。


 

私が心惹かれる作品の共通項は、前回と同じく 

  • 単なるグルメではなく、食のサブテーマ(制約)がある
  • そのサブテーマのなかで、登場人物の試行錯誤や創意工夫が感じられる
  • 植物、四季や自然、暮らしを感じられる(酒・肉・魚・スイーツは、時々出てくるくらいでOK・笑)
  • 実際に自分が暮らしに取り入れたくなるような描写である
  • なおかつストーリーが面白ければ最高♡

なんかに当てはまっているものです^^

では早速行ってみましょー♪ 

続きを読む

奨学金完済に想う、学生時代のこと。

f:id:ryokoueda:20181105221104j:plain

 

つい先日、大学在学中に借りていた日本育英会(現:日本学生支援機構)の奨学金の《返還完了証》のハガキが届きました。貸与額は180万円(月5万円 × 12ヶ月 × 3年間)。月1万円ちょっとの額を、大学卒業から13年半掛けて9月末まで返し続けてきました。

なぜだか7月末で完済だと思い込んでいて、最後の最後に督促の電話が掛かってきてびっくりしたりしたけれど(笑)。


私にとって、奨学金完済はひとつの大きな節目。今日は奨学金を借りた経緯や学生時代のことなど、つらつら書いてみようと思います。

続きを読む

みかんの皮と、かぼちゃの種。《捨てない工夫》について考える

f:id:ryokoueda:20181031143816j:plain


防災についてあれこれ考えていた時に買った、省エネ生活研究家・アズマカナコさんの著書【もたない、捨てない、ためこまない。身の丈生活】。

冷蔵庫も電子レンジもエアコンも持たず、ひと月の電気代の平均は4人家族で546円だという、アズマさんの生活。オフグリッドではないけれど、普段どのように電気を使わずに暮らしておられるのかを知りたくて手に取りました。



冷蔵庫を持たない代わりに、野菜は干したり漬けたりする……というのは、想像の範囲内。私自身もあれこれ試しています。


我が家の干しカゴ・干しザルは7年選手!なんだかんだで年中活躍してます^^

秋冬は干し野菜のシーズンです!夏場は水キムチにお世話になりました^^
 

そんな私も、アズマさんの著書にあった《欲しいものをお金で買うのではなく、そこにあるものを最大限に利用する》という項目には、ハッと気付かされることが多くありました。

アズマさんは、卵の殻・ナスのヘタ・とうもろこしの皮など様々なものを暮らしに役立てられています。その知恵と工夫を拝見し、私にもまだまだ出来ることがあるなぁ、と。

続きを読む

読んで味わう、作りたくなる《食と料理の物語・小説編》

f:id:ryokoueda:20181025184240j:plain


元々食べることが大好きで、そこから料理を始めたり、食と健康の関係を学び始めた私。レシピ本などの実用書を読んだり、講座に参加して得たものも多いですが、ただただ楽しく読んでいる漫画や小説からヒントをもらうのも大好き^^

特に今、第三子妊娠中で引きこもり生活をしているせいか、家でゆるゆる漫画や小説を読んで、味に想像を巡らせてみたり実際にそれを作ってみたりするのが、地味に楽しい……。


料理やグルメに関する作品ってたくさんありますが、私が特に心惹かれる作品に共通しているのは

 

  • 単なるグルメではなく、食のサブテーマ(制約)がある
  • そのサブテーマのなかで、登場人物の試行錯誤や創意工夫が感じられる
  • 植物、四季や自然、暮らしを感じられる(酒・肉・魚・スイーツは、時々出てくるくらいでOK・笑)
  • 実際に自分が暮らしに取り入れたくなるような描写である
  • なおかつストーリーが面白ければ最高♡


といったことだなぁ……と、改めて気づきました。

そこで今回は《食と料理の物語・小説編》として、私が好きな小説作品を紹介してみます♪


続きを読む